2009年12月30日

YAMASHITAとARIANNE 【komm,susser tod (甘き死よ、来たれ) 】

※ 歌詞・和訳・TAB(タブ)譜・無料DL あり


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION

2009年はヱヴァンゲリヲン新劇場版:破がやっと公開されました。

そのエヴァ:破が大晦日に大復活!12月31日に全国で再上映されるニュースを聞いたので、今日は今作の見所を思い出しつつ、鷺巣詩郎がカヴァーした【2EM09_YAMASHITA】と
ARIANNEの【komm,susser tod (甘き死よ、来たれ)】をWピックアップです。


それにしてもエヴァ:破は面白かったな〜。

躍動感溢れる「」パートでは、DASH!しまくるエヴァの疾走感に併せ、まるでギターを弾いている姿を想像できるようなギターサウンドを前面に押し出したダイナミックな展開!

一方、情緒溢れ出る「」パートでも右奥だけから音が浮いて聴こえるように流してみたりとブライアン・イーノもびっくりのさりげないアンビエントテクニック(?)が炸裂する展開!

中でも ミサトさん&加持さん の居酒屋のシーンはカメラのアングルや音楽の流し方がとても印象に残りましたっけ。

そうそう青い海の時代の生物を見た、シンジと加持さんの会話もシンプルですが良かったです。

そんなこんなで「映像」と「音」の調和を楽しんでいると、あっという間に「彼」が空から降りてきて終幕。^^;

改めて振り返ると話題の5号機のパイロット「真希波」がいきなり登場し、あれよあれよとしている間に「えっもう終わり?」と感じてしまうほどの疾走感溢れる良作でした。




ヱヴァンゲリヲンオフィシャルストアEVANGELION STORE



さて、その中でも一番忘れられないのが鷺巣詩郎がカヴァーした【2EM09_YAMASHITA】。

今作「破」ではこの曲が流れてきたシーンが息を飲むほど美しく、非常に「静」を体現しているようで印象的でした。

サントラのライナーを読むとYAMASHITAの原曲は「太陽を盗んだ男」が原曲で、残念ながら井上堯之バンドの演奏ではないということですが・・・

【原曲】・・・♪太陽を盗んだ男 バージョン♪

【カヴァー】・・・♪エヴァンゲリオン 新劇場版:破 バージョン♪
 
↑↑どうです?このクオリティー!!
これはもう名実共に完コピといっていいのではないでしょうか ^^;

「エヴァンゲリオン 新劇場版:破」でも「太陽を盗んだ男」にしても「YAMASHITA」が流れるのは切なさを感じさせる夕焼けのシーン。

そして今作は"パンフレット"も"映画チラシ"も"サントラ"も全て夕焼けの象徴のオレンジ色

これはもう「エヴァンゲリオン 新劇場版:破」の中で【YAMASHITA】が最も注目するべき曲と言い切ってもいいのではないでしょうか?

ちなみに完コピ版を演奏しているのは「島村英二・岡崎章・中西康晴」といった面々なのですが、これは【Komm, Susser Tod (甘き死よ、来たれ) 】とまったく同じリズム隊なのだそうです。

ARIANNE

【Komm,susser Tod】 | ARIANNE - THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS- EP - Komm,susser Tod


今日の1曲収録
THE END OF EVANGELION ― 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版
サントラ ARIANNE LOREN & MASH
キングレコード (1997-09-26)
売り上げランキング: 81461
おすすめ度の平均: 5.0
5 アニメの枠に収まらない良作
5 何度聞いてもせつない
5 無題
5 甘き死よ、来たれ
4 悲哀、そして希望・・・

関連リンク

歌詞&和訳 TAB(タブ)譜&無料mp3 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック 感想⇒(29件)

TOPに戻る

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136925184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング

                 にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
         今日聴いた曲
  
音楽全般

↑ どちらか ♪ポチッ! とお願いします ^^; ↑




TOPに戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。