2010年01月05日

看板娘参上!佐藤直紀 feat. リサ・ジェラルド 【龍馬伝】


NHK大河ドラマ 龍馬伝
オリジナル・サウンドトラック

作曲家佐藤直紀が手がけたNHK大河ドラマ 龍馬伝

演奏するのはNHK交響楽団

今日はALWAYS 三丁目の夕日で日本アカデミー賞の最優秀音楽賞を受賞した佐藤直紀が手がける龍馬伝オリジナル・サウンドトラック
と、その主題歌を歌う4ADの看板娘Lisa Gerrard(リサ・ジェラルド)をご紹介します。


さて、始まりましたね龍馬伝

心配されていた初回視聴率は23.2%ということで、去年の天地人の初回視聴率24.7%を若干下回った結果だったとのことですが、まずまずの滑り出しだったのではないでしょうか?

ストーリーはまだまだ導入部分。

キャストも谷原章介、里見浩太郎が4回目に登場しますし、生瀬勝久も6回目に登場します。

そして7回目ではプライベートでも主演の福山雅治と懇意にしているリリー・フランキーも登場し、どんどん脇を固めていきますので、ストーリーの盛り上がりと共に視聴率も期待できそうですね。
・関連記事⇒福山雅治 【アンモナイトの夢】

スタッフと共演者が真剣にぶつかり合い、新しいものを生み出そうとする龍馬伝はこれからも目が離せなそうです。


佐藤直紀 feat. リサ・ジェラルド 「龍馬伝」 | 佐藤直紀 - NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック - 龍馬伝

↑↑その龍馬伝の音楽を手がけるのが佐藤直紀

ALWAYS 三丁目の夕日、ALWAYS続・三丁目の夕日などの作曲を手がけた折り紙つきの実力で、坂本龍馬や岩崎弥太郎の気持ちが高まるシーンを見事に演出しています。

そして主題歌にLisa Gerrard(リサ・ジェラルドを起用したのも見どころの1つ。

Lisa Gerrardはイギリスの名門インディレーベル4ADの看板バンドDead Can Danceとして9枚のアルバムをリリースし、80年代に活躍した女性アーティスト。

同バンドの解散後はグラディエーターなど数々の映画音楽制作に参加。グラミー、オスカー、ゴールデン・グローブ賞にノミネートするようになった経歴を持つ、とても希有な存在でもあります。

大河ドラマのオープニングに海外のヴォーカリストが参加するのは、大河ドラマとしては初のことだということですし、

誰も見たことがない新しい龍馬像、群像劇を作りたい

というスタッフの強い思いが、オープニング・テーマの【龍馬伝】にも強く表れているのではないでしょうか。

時代に翻弄される時代に、時代に翻弄された時代を描く

NHK大河ドラマ龍馬伝

佐藤直紀の音楽とLisa Gerrard(リサ・ジェラルドの歌声が1枚で堪能できる、注目のオリジナルサウンドトラックは1/27発売です。


今日の1曲収録
NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
TVサントラ
ワーナーミュージック・ジャパン (2010-01-27)
売り上げランキング: 266
おすすめ度の平均: 4.5
3 テーマ音楽
5 テーマ曲『龍馬伝』が素晴らしいです
5 毎日聞いても飽きない!
5 対極
4 音楽からも伝わってくる、「大河らしからぬ大河」への意気込み

関連リンク

MySpace みどころ(公式) 龍馬からの伝言・日本を今一度せんたくいたし申候

TOPに戻る

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング

                 にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
         今日聴いた曲
  
音楽全般

↑ どちらか ♪ポチッ! とお願いします ^^; ↑




TOPに戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。