2010年01月13日

SUBSUB de 全焼!Doves 【Pounding】

※ 歌詞・コード・TAB(タブ)譜 あり


Doves / Last Broadcast

マンチェスター出身の、3ピースバンドDoves (ダヴズ) 。

今日はDovesが2002年に発売した2ndアルバム「The Last Broadcast」から名曲【Pounding】をご紹介します。

Dovesは、双子のウイリアムズ兄弟(G.)(Dr.)が奏でるかゆいところに手が届く、絶妙なサウンドに、ボーカルのジミー(B.)が、渋い声で歌い上げていくのが特徴です。

私は【Pounding】で彼らを知ったのですが、この曲を初めてPVで見たときは映像と楽曲の織り成す世界観に「うぉ!」っと衝撃を受けました。


一定のタイミングで無心に打ち付ける「ドラムス」。

なんともいえない心地よい音を刻む「ギター」。

懐の広さを感じる渋い歌で歌い上げる「ベースボーカル」。


3人が悩みや苦しみを全てふっきったような表情で演奏している姿が感動的でした。^^;

Doves

PoundingDoves - Some Cities (Live) - EP - Where We're Calling From / Pounding

そこでさっそく【Pounding】を買うために、CDショップまで出かけたときに「GLOW」という、コンピレーションアルバムを見つけてしまいました。^^;

この「GLOW」。Dovesの【Pounding】が収録されているのはもちろんのこと

・The Vines - 【Highly evolved】
・Daft Punk - 【One More Time】
・Coldplay - 【Trouble】

そして

・The Chemical Brothers - 【Star Guitar】

・関連記事 ⇒ The Chemical Brothers 【Star Guitar】 - 歌詞

など、2002年を代表する楽曲が目白押し!!

見つけなきゃ良かった・・・。と嬉しい悲鳴をあげつつ、そのときは「GLOW」を購入しましたっけ。
(もちろんその後「The Last Broadcast」 も購入したのは
言うまでもありません ^^;)

コンピレーションアルバム / GLOW
GLOWEMIミュージック・ジャパン 2002-06-26
売り上げランキング : 122480

star満足!
Amazonで詳しく見る by G-Tools

さてさて話がそれましたがDovesは調べてみたところ、スタジオが焼失(全焼)という困難を乗り越えて発足したバンドということが判明しました。

以前はなんでもSUB SUB(サブ・サブ)というハウスユニットを同じメンバーで組んでいたとのことで、ユニット→バンドと進化したのがDovesだったんですね。

UNDERWORLDが逆のパターンで進化しているので最終的な理想形態というのは人それぞれなんだな〜と感じました。^^;

気持ちが高ぶる演奏に、懐深い歌が絡んでくる傑作アルバムの「The Last Broadcast」は映画「(500)日のサマー」に提供している【There Goes The Fear】共々おすすめです。

・関連記事 ⇒ The Temper Trap 【Sweet Disposition】 - 歌詞TAB


今日の1曲収録
ザ・ラスト・ブロードキャスト
ダヴズ
EMIミュージック・ジャパン (2002-04-26)
売り上げランキング: 83922
おすすめ度の平均: 4.5
5 ソコを知らなきゃテッペンを知れない
5 ベテランの味
4 ギターポップの新星?

関連リンク

MySpace 歌詞&コード TAB(タブ)譜 500 Days Of Summer
Pounding (Doves Single Mix Long Version)

TOPに戻る

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング

                 にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
         今日聴いた曲
  
音楽全般

↑ どちらか ♪ポチッ! とお願いします ^^; ↑




TOPに戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。