2010年01月24日

伊坂幸太郎×斉藤和義 【幸福な朝食 退屈な夕食】

※ 歌詞・TAB(一部) あり


斉藤和義 / ゴールデンスランバー 〜オリジナルサウンドトラック〜

公開間近の映画「ゴールデンスランバー」。

ビートルズの同名曲【Golden Slumbers】がモチーフになっているということで、音楽面でも話題になっていますね。

今日はそのゴールデンスランバーの主題歌&収録曲の全てを制作した斉藤和義の【幸福な朝食 退屈な夕食】をチョイス!原作ストーリーと一緒にご紹介します。

ゴールデンスランバー

さて、さて、、

現在飛ぶ鳥を落とす勢いの小説家「伊坂幸太郎」。

彼の飛ぶ鳥を落とす具合は素晴らしく・・・・

・第25回吉川英治文学新人賞 受賞
・第57回日本推理作家協会賞短篇部門 受賞
・2008年本屋大賞 受賞
・第21回山本周五郎賞受賞
このミステリーがすごい!国内1位

・・・・・と、ざッと書き出しただけでも素晴らしい受賞記録なのですが、その伊坂幸太郎が執筆して傑作と評判なのが、今回映画化されたゴールデンスランバーです。

このタイトルはビートルズの同名曲【Golden Slumbers】をモチーフにし、青春時代の「絆」を黄金の輝きと捉えた心憎いネーミングですね。 ^^;

一方物語はケネディ暗殺事件がモチーフです。

なので、新しく首相となった金田貞義がパレード中に暗殺されてしまうというショッキングな事件から話の幕があがります。

もちろん一国の首相がパレード中に暗殺されるということは一大事ですので、即刻道路網は規制され、警察の威信をかけた犯人探しが始まるのですが、ここまで読んでケネディ暗殺事件を知っている方は

「あれっ?ケネディの事件って実行犯はあいつだったから・・・ゴールデンスランバーだとこいつが犯人かな??」
次項有オズワルド

とか

「真犯人が副大統領説ってあったよな・・・??」
次項有ケネディを殺した副大統領


などと実際にあった有名な事件を思い返すことにより、より興味が湧く設定になっています。

さらに主人公の青柳雅春は濡れ衣を着せられ、大逃走を繰り広げるのですが、その逃走劇はさながらハリソンフォードの「逃亡者」。

逃亡者/ハリソン・フォード[Blu-ray]

加えて舞台が宮城県の仙台市ということで、より具体的に逃走しているイメージが持てドンドン面白さが相乗効果で増していくんです!!

その逃亡者"青柳雅春"が"ある決意"をしてクライマックスに向かって盛り上がっていくシーンがあるのですが、おそらくその場面に向かっているときに流れるんじゃないかな?と思ったのが、劇中挿入曲の【幸福な朝食 退屈な夕食】。

斉藤和義渾身の一曲です。 ^^;

斉藤和義

【幸福な朝食 退屈な夕食】 | 斉藤和義 - ゴールデン・デリシャス - 幸福な朝食 退屈な夕食

フィッシュストーリーに続いて伊坂幸太郎×斉藤和義となった今作「ゴールデンスランバー」。

堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、そして岩崎弥太郎こと香川照之といった実力派キャストの演技と共に流れる斉藤和義作曲のサントラも要チェックです。


今日の1曲収録
ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~
斉藤和義
ビクターエンタテインメント (2010-01-27)
売り上げランキング: 7212
おすすめ度の平均: 4.5
4 70年代ロックのテイストが漂う
4 ちゃんとしたサントラ
4 オリジナル
4 ボーナストラックが良い。
5 映画の素晴らしさもさることながら…

関連リンク

歌詞 TAB(タブ)譜 Golden Delicious Hour ♪全曲試聴あり♪

TOPに戻る

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング

                 にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
         今日聴いた曲
  
音楽全般

↑ どちらか ♪ポチッ! とお願いします ^^; ↑




TOPに戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。