2010年02月12日

酸素ボンベでGO!Rancid 【Olympia, Wa】

※ 歌詞・TAB(タブ)譜 あり


Rancid / And Out Come The Wolves ♪全曲試聴あり♪

「俺らおっさんになっても酸素ボンベ付けながら歌ってやるぜ!!」

今日は腹のくくり方が尋常じゃないパンクバンドRANCID(ランシド)から【Olympia, Wa】をご紹介です。
Olympia, Wa】はアルバム「And Out Come The Wolves」に収録されている1曲。

印象的なジャケ写のこのアルバムは漫画「BECK」の扉絵でもお馴染みですね。

BECK Tシャツコレクション

「And Out Come The Wolves」はランシドとして3rdアルバムになるのですが、それまでの彼らの経歴がすごいんです。

まずはこちら。

(以下引用)
1987年に、ティム・アームストロング、マット・フリーマンが中心となり、ランシドの前身バンドであるオペレーション・アイヴィーが結成される。パンク・ロック・シーンの聖地ともいわれるギルマン・ストリートで活動していたが、「あまりにも人気が出すぎてしまった」ために、わずか3年でバンドは解散。
(引用終わり[Wikipediaより])

これはフロントマンであるティム・アームストロングが18〜21才()のときの話なんです。^^;

続いてこちら。

(以下引用)
目標を失ったティム・アームストロングは、アルコールとドラッグに溺れ、一時はホームレスにまで転落した
(引用終わり[Wikipediaより])

な、なんと弱冠21才にしてホームレスに転落しています。。

そしてこちら。

(以下引用)
故エリック・ホーガン(アメリカン・グラフィティー・タトゥー”TIME BOMB”は彼のことを歌っている)や、マット・フリーマンの助けで何とか立ち直る。その後、ダンス・ホール・クラッシャーズを経て、1991年に、当時ルームメイトであったブレット・リードとマット・フリーマンの3人により、ランシドが結成される。
(引用終わり[Wikipediaより])

・・・というように若くして成功を掴み、ホームレスを経てランシドは結成されたわけです。^^;

その後ティムはあの"マドンナ"とのロマンスがあったりしたらしいですが、それはさておき【Olympia, Wa】のライブバージョンをどうぞ。

Rancid

【Olympia, Wa】

↑↑どうです?40間近の大人(おっさん)が歌う【Olympia, Wa】。

この勢い!

カッコよさ!!

とてもそんな年齢に見えません。^^;

還暦をすぎても酸素ボンベを付けてステージにあがってくれそうなランシドの金字塔アルバム「And Out Come The Wolves」。

こいつは激オススメです。


今日の1曲収録
・・・アンド・アウト・カム・ジ
ランシド
エピックレコードジャパン (1995-08-24)
売り上げランキング: 11025
おすすめ度の平均: 5.0
5 教科書でした
5 PUNK名盤 ! !
5 超最高傑作
5 多くの日本人に聞いて欲しいです。
5 理屈は要らない

関連リンク

MySpace 歌詞 TAB(タブ)譜 Tシャツ

TOPに戻る

スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141008768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング

                 にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
         今日聴いた曲
  
音楽全般

↑ どちらか ♪ポチッ! とお願いします ^^; ↑




TOPに戻る



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。